満足価格!ブランド品買取【スピード買取.jp】でトランクルームへ預ける前に整理

トランクルーム 選び方

トランクルームというのは一言でいえば借りることで自由に使用できる倉庫のようなものです。使用用途は自宅の置く場所がない荷物や防災対策として大事なものを保管、引っ越し時の一時保管といったものが多いみたいです。防災でいえば活断層のずれによる地震被害拡大のおそれから資産を守るためにも活用できます。そのほかルンバを使うために、荷物をトランクルームに預けるといった用途もあります。

有名なところではハローストレージ、キュラーズなどがありますが、利用期間によってコストについて、どちらが安いかが変わってきます。ここでは長期間使用することを想定して、長期間使用する際にコストが安いトランクルームでランキング化しました。

コストの安いトランクルームランキング

1位 ハローストレージ

 

詳しくはこちら

全国に1658物件、83108室展開されていて、初期費用がかかるが、月当たりの使用料はキュラーズよりも安い

4か月以上利用する場合、初期費用を加味してもキュラーズよりも費用は安くなる。

保険として540円/月でセキュリティカード再発行、鍵再発行などが無料で対応してくれる。
ALSOKまたはセコムの2重ロックのセキュリティで24時間使用可能

問い合わせ、申込みについてはwebもしくは電話で可能。電話による申込みを利用すると直接相談でき、安心感だけでなく、疑問、悩みなどの解決に有用。

詳しくはこちら

2位 キュラーズ

 

詳しくはこちら

東京をはじめ、大阪、名古屋など幅広く、展開されていて、初期費用はかからない。ただ、月あたりの使用料はハローストレージに比べると高め。

4か月未満の短期間だけ利用する場合には、低コストで利用できる。
保証については、セキュリティカード再発行に2300円。ただ安心パックプラスというサービスを利用すると、無料になる。

詳しくはこちら

 

ハローストレージについて4か月以上利用する場合、初期費用が掛かっても、キュラーズよりも月額あたりは安くなると書きました。

この理由は初期費用は公式ページにも記載がありますが、使用料の3.5か月分とあります。ここで東京の杉並区の1.2帖程度の月額使用料を見ると10700円とあります。これを計算すると37,450円が初期費用になります。

一方、キュラーズのほうで同程度の広さで、同じ杉並区で見ると月額19,100円とあります。ハローストレージとの差は8,400円です。これを4か月利用すると33600円です。

5か月目に入ると、ハローストレージの方がコストが安くなる計算になります。そのため、4か月以上の長期間利用する場合はハローストレージの方が使用料が安くなるわけです。

ただ、短期間3か月までの場合、初期費用が掛からないキュラーズのほうがコストは安くなります。どちらも保障はしっかりついているので、その点は安心できると思います。あとはどれだけの期間、トランクルームを利用するか、これがキモとなってきます。

ちなみにハローストレージやキュラーズといった有名どころでも最寄りのトランクルームが見つから勝った場合、全国からトランクルームを探すポータルサイトもあります。

まとめ

1.防災対策、置き場所のない荷物の保管場所、ルンバるため、といった用途がある
2.長期間使用ならハローストレージ、短期間使用ならキュラーズが安い
3.最寄りの場所にトランクルームが見つからない場合、ポータルサイトがある

プロフィール

カスタマエンジニアとして普段は仕事をしています。自室に資産を保管するスペースがなくなってきたのでトランクルームを調べ始めました。

よく見かけるハローストレージやキュラーズについてそれぞれの違いに注目して、保証、コストを中心に調べています。

© 2018 トランクルーム rss